カテゴリー別アーカイブ: 経済

「自社の強みを活す」価値による勝負は古い?

企業が事業戦略を立てる際のコンセプトとして、
「自社の強みを活かした商品を」と考えるのは、有効とは限らないのではないかと、
最近いわれているようです。

「強み」を言い換えると、その企業のオリジナル性を発揮させるということですが、
自分にとって有用かといった点のみを評価して商品を購入する消費者にとって、
企業独自の製法や手法に、特別な価値を見出すことはないといえるでしょう。

「強み」というのは、あくまでも企業同士の差別化であり、
競合企業との勝負に勝つための目的で使われる言葉だといえるでしょう。

したがって、供給者目線のコンセプトを立てたところで、
消費者にはその意図が上手く伝わっていかないということに、
企業は気付かければならないのかもしれません。

↓強みを活かす仕組み作りセミナー紹介

自分の強みを活かすというアホらしい発想 – Chikirinの日記