カテゴリー別アーカイブ: コンピュータ

データを見やすくするExcelの技術

Excelをよく使っていると、自分では自分なりの好みの設定ができてくるものです。
テンプレート化するということも珍しくありませんが、往々にして職場で資料を提出したときに見にくいといわれてしまうような場合があります。

色を使って見やすくするということはよくあり、たとえば1行おきに色をつけるといったことが効果的です。
これは条件付き書式によって設定することができるものであり、条件を指定する計算式として『=MOD(ROW(A1),2)=1』といったものを使用します。

また、条件に見合ったデータだけに色をつけるという場合には、条件付き書式で『次の値より大きい』などを選択して文字の大きさや太さ、色などを指定すれば、必要なデータを強調した資料にすることができます。

↓エクセル:条件付き書式設定

表やグラフが「見やすいね」と言われるExcelの小ワザ – NAVER まとめ